シャイニーカラーズをコードリーディングする

事前登録ガチャ

シャイニーカラーズの事前登録サイトで事前ガチャが始まりました。
事前ガチャなんて新しすぎて面白いw
早速ガチャって来ました!

【SSR】八宮 めぐる:誰とでもすぐに仲良くなれる元気系アイドル。 思いやりに溢れているため、友達から好かれている。アイドルも友達も大事にしたいから、今日もパワー全開!

か、かわいい!

事前ガチャとか、やっても別にな~と思ってたけどスマホゲームで鍛えられた脳がガチャをするたびに快楽を覚えて、しかも全員揃えたら手に入る特典もあってですっかり暇さえあればガチャページを開いちゃっています。 さすがアイマス、プロモーション方法がうまい。 これだけでもすでにシャニマスにハマっている人いるんじゃないかなって思いました。

Webサイトを読む

僕はプロディーサー業に勤しむ傍らでエンジニアでご飯を食べているわけなのですが、エンジニアの特性として、新しく面白そうなWebサービスが開始された場合に中身を見るというものがあります。

まだ事前登録サイトですが、先のニュースでバンナムが手がけるHTML5ゲーム戦略の一端ということで今回もその例に漏れず、中身(実装)を読んでみました。

採用技術 / ライブラリ等

サーバー構成までは流石に追えないので手軽にわかる範囲でフロントエンドまわりとかどんな実装なのか見てみます。

とまあこんな感じで、事前登録サイトということもあってあまりフロントエンド周りはすなおに使えるものを揃えている感じですね。

jQueryのUI周りのオープンソースアニメーション資産を使いつつHTML5っぽさをthree.jsのcanvasに渡している感じでした。フロントエンドも比較的低コストで作れるように古き良き名前空間でコード分割してる感じでした(一部だけ)。

で、ここで面白いなと思ったのが Vue.js を使っていることなんですね。 ぶっちゃけテンプレート周りやデータバインディングみたいな処理はこの規模のサイトならjQueryでも十分なところに最近かなり流行ってるVue.jsがいきなり入ってきています。外注した制作会社がたまたま使っていただけとは思いますが、じゃあ本リリース時のフロントエンド技術選定はどうなっているのか、ちょっと勝手な妄想が捗ってしまいました。

個人的な印象として、バンナムさんはWebフロントエンド技術に関しては特に目立っていたわけではありませんでした。でも、 これからブラウザゲームに改めて踏み込んでいくところを見聞きして、旧来のPHPベースのソシャゲではなく、もっと現代のWeb技術を駆使した新しいブラウザゲーム開発のチャレンジをするのかな、しないのかなと期待の眼差しでシャニマスをまた違った目線から見ています。そしてゲーム業界からWebフロントエンドコミュニティを牽引してくれたりとかしないかなとか妄想しています。

と言った感じで、アイドルマスターシャイニーカラーズの本リリースをコンテンツとエンジニアリングの2つの側面で楽しみにしています。開発チームの方々応援しています!

idolmaster-shinycolors.bxd.co.jp


余談ですが、普段 ES6 公文である関数のデフォルトパラメータが指定されていて、当然IEはサポートされていない構文なので「(LPの)対象ブラウザIE切ったかー強気だなー」と思いつつ、こういった大手がIE撲滅運動してくれるのは嬉しい限りですと個人的にありがとうと言いたい気分です。

※追記 PaymentRequestAPIで決済とかもちろんやりますよね?と煽っておく